非嫡出子の相続分を嫡出子の2分の1とする民法の規定/事案の概要

ginkouhoumu

相続の取扱いは金融法務の重要な一角を占め、多数の判例や先例が集積されているが、金融取引や家族関係の変化等を背景に新たな問題も生じてきている。

このような中、注目すべき裁判例がいくつか示されており、金融取引と関連の深いものも見受けられるため、ここにまとめて採り上げてみたい。

判例1:非嫡出子の相続分を嫡出子の2分の1とする民法の規定が違憲とされた事例(最大決平成25・9・4金融・商事判例1425号18頁)

1.事案の概要

平成13年7月に死亡した被相続人の相続について、妻(相続開始後に死亡)、嫡出子3名(内1名はすでに死亡し、その内2名が代製相続)、非嫡出子2名が相続人となった事案における遺産分割審判において、非嫡出子の相続分を嫡出子の2分の1と定めていた民法の規定(旧900条4号但書前段。以下、「本件規定」という)の合憲性が争われた。

2015年9月14日