推定相続人が遺言者の死亡以前に死亡した事例/事案の概要

ginkouhoumu

相続の取扱いは金融法務の重要な一角を占め、多数の判例や先例が集積されているが、金融取引や家族関係の変化等を背景に新たな問題も生じてきている。

このような中、注目すべき裁判例がいくつか示されており、金融取引と関連の深いものも見受けられるため、ここにまとめて採り上げてみたい。

判例3:「相続させる」旨の遺言により遺産を相続させるものとされた推定相続人が遺言者の死亡以前に死亡した場合、特段の事情がなければ遺言は失効するとされた事例(最判平成23・2・22金融・商事判例1366号21頁)

1.事案の概要

Aには、BとXの2人の子がいたが、Aは、平成5年2月17日、所有にかかる財産の全部をBに相続させる旨を記載した条項および遺言執行者の指定に関する条項の2ヵ条からなる公正証書遺言をした。

Bは平成18年6月21日に死亡し、Yが相続人となった。その後、Aは同年9月23日に死亡した。Xは、Yに対し、Aの相続財産について法定相続分に相当する持分等を有することの確認を求める訴えを提起した。

2016年5月30日